百鬼夜行図

ヒャッキヤコウズ

Hyakkiyakozu

Language
Japanese
Type_old
Book
Type
Book
Description

解説: 百鬼夜行図(ひやつきやぎうず) 蔭山源広迢写 百鬼夜行は今昔物語などの説話にでてくる言葉で、京の大路を夜な夜な化け物たちが練り歩く様子を表している。 室町時代(16世紀)になって、青鬼、赤鬼のほか琴や琵琶、鍋や釜などの器物、調度などが変化(へんげ)した付喪神(つくもがみ)と呼ばれる化け物を集めて連続的に描く「百鬼夜行絵巻」が登場し、数多くの絵巻が描かれた。 なかでも京都・大徳寺真珠庵の絵巻は、「百鬼夜行絵巻」最古のものとされ、その源流といわれている。 現在、現存しているもののほとんどは江戸時代に模写されたものであり、本絵巻もその一つである。 奥書によれば、室町時代の画家土佐行秀の画を蔭山源広迢が写したもので、真珠庵本に登場する妖怪に加え「ぬっぺっぽう」、「どうもこうも」など江戸時代の妖怪たちも紛れ込んでいる。 絵巻の巻末は「火の玉」と「朝日」で終わる2パターンあるが、本巻は「朝日」で終わっている。(請求記号A00:6275)

Collection

share

関連資料

百鬼夜行図

土佐行秀画
Early Japanese Books - General Library | General Library

『三十六歌撰』絵巻

高田圓乗畫, 大田南畝書
Sanjuroku Kasen Emaki [Thirty-Six Immortal Poets Scroll] | General Library

青砥藤綱摸稜案(アオト フジツナ モリョウアン) / 曲亭馬琴著.

Image Database of Annotated Books in the Mori Ōgai Collection | General Library

神霊矢口渡

本石町三丁目十軒店 山崎金兵衛版(題簽)
Digital Kuroki Kanzo Collection | Graduate School of Arts and Sciences / College of Arts and Sciences

<京都日の出/新関所戦>怪談小夜衣双紙

Digital Kuroki Kanzo Collection | Graduate School of Arts and Sciences / College of Arts and Sciences