近世人物誌 やまと新聞付録 第十五

種別
新聞
刊行年、書写年等
1887
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-073

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 3

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 木戸翠香院殿(読み下し文_括弧なし:木戸翠香院殿/翠香院殿ハ故贈従二位木戸孝允公の/夫人なり始の名ハ竹松元西京三本木/の芸子なりしが文久の末の頃尊王/攘夷の論天下に起り四方の浪士西京/に集りしに当り屡々頼三樹三郎橋/本左内等の人々に聘せられて尊攘の説/を聞きしを以て慷慨として国歩の艱/難を憂へあはれ妾も男子なりせバ/と思ひ続くる折からはしたなく長藩/の桂小五郎に邂逅したり桂小五郎と/ハ即ち故贈二位の旧名なり元治の乱/後幕府頻りに小五郎を逮へんと欲/し追捕甚だ急にして身を遁るるに処/なし竹松深く志士の屯遁を悲ミ甲斐/甲斐しく小五郎を其家の床下に匿し遂ニ/遂捕を免かれたり維新の後贈二位/青雲に昇り深く竹松の志を感じ之を/迎へて夫人となし以て再生の徳に報いらる/二位逝去の後夫人髪を断り法号を附/して翠香院と云ひ西京に閑居して二位/の冥福を修め以て其身を終られたり )

作成(L6-027): 絵師:芳年/彫師:彫工円活

出版者(L6-074): 馬喰四木宗

成立年代-元号(L6-021): 明治

成立年代-年(L6-022): 20

成立年代-月(L6-023): 12

成立年代-日(L6-024): 13

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

東京日々新聞 八百三十二号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 四百九十一号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 八百十三号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 百八十五号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

近世人物誌 やまと新聞付録 第八

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府