西陣織物屋文書

  • 近世期は和久屋藤兵衛宛の金銀借用証文、明治期は京都市下京区室町通五条上ル阪東屋町居住の織物屋山田市十郎関係文書が中心である(89点)。
  • 寛保2~明治31年(1742-1898)。

[包紙](上書「281 西陣織物屋文書)

西陣織物屋文書 | 経済学研究科・経済学部
『Engel』で見る

[書簡](番号付注文品の件、服地注文直段の件ほか)

山田市十郎
西陣織物屋文書 | 経済学研究科・経済学部
『Engel』で見る

おぼへ(銀57匁4分借り請け)

藤屋伊兵衛
西陣織物屋文書 | 経済学研究科・経済学部
『Engel』で見る

一札之事(金1両借用につき)

本人和久屋定九郎ほか1名
西陣織物屋文書 | 経済学研究科・経済学部
『Engel』で見る