土屋家旧蔵文書

  • 名誉教授・土屋喬雄氏(1896-1988)の遺族から寄贈された史料(4,027点)。
  • 内容は次の3種である。
    1) 土屋氏が主に1930年代に東京神田の厳松堂書店などの古書店から購入した古文書
    2) 養母の実家の仙台藩士相沢家文書
    3) 日本銀行百年史関係資料、地方金融史関係資料、二代小菅丹治伝記資料、第一銀行頭取明石照男関係資料など、土屋氏が編纂に関与した近現代史資料

(Ⅰ) 覚

土屋家旧蔵文書 | 経済学研究科・経済学部
『Engel』で見る

(Ⅱ) 答 書直し

土屋家旧蔵文書 | 経済学研究科・経済学部
『Engel』で見る

(Ⅲ) 小生の決心

土屋家旧蔵文書 | 経済学研究科・経済学部
『Engel』で見る

(Ⅳ) (覚)

土屋家旧蔵文書 | 経済学研究科・経済学部
『Engel』で見る