江戸神田辺大火(仮) ∽042

Type
Newspaper
Issued
1854
Description

記述レベル: アイテム

資料ID: 042

枚数: 1

来歴-所有者: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴: 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降
図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

形態・形式情報-表現形式・スタイル: 03報道・ニュース

言語: ja

内容記述: 頃ハ安政元十二月二十八日夜五ツ時頃神田れんじやく丁/より出火して西北の風つよく火口ハ二口也一ト口ハす田丁/一丁目二丁目東がハのこる通りしん石町なべ丁かじ町/小柳丁へん馬のくら横丁へん松田丁富山丁へんお玉が/池市橋様御やしきぎハまでしらかべ丁こんや丁一丁目/二丁め代地ともやけ夫より今川ばし通り又一ト口ハ多丁/一丁め二丁め川合しん石丁ぬし丁立大工丁横大工丁/きじ丁三川丁一丁めより四丁めまで皆川丁へん永富丁/しんしろかね丁ろうそく丁せき口丁かまくらがしへん/としまややける夫よりりうかん丁白かね丁四けんやしき/本しろかね丁一二三四丁めまで本石丁一丁めより四丁め迄/同所しん道かねつき堂やける本丁壱丁めより三丁め迄/四丁目少ししん道やける岩つき丁日本橋通りハむろ/丁一二三するが丁ゑちこやのこらず本両替町/ときハばしかし通りやけうきよ小路せともの丁小田/ハら丁へんふな丁あんじん丁へん金ふき丁品川丁/北さや丁うらがし一こくばしぎわまで又一ト口ハ/神田ばし御門外本多様御やしきへんまで三川丁/うら通り御やし敷がたにてやけどるやうやく明/二十九日四ツ時頃火しづまり人々あんどの思を/なす誠ニ近年まれ成大火なりこれによつて/遠国近国きんざいの人々へ知らせんか為一紙ニ記す/

概要-名称: 江戸神田辺大火(仮)

成立年代-元号: 安政

関係資料-所蔵機関: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

デジタルデータ関連-デジタル化の有無: デジタル化済

デジタルデータ関連-デジタルデータの収蔵場所: 東京大学大学院情報学環図書室

Collection

  • Ono Hideo Collection

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
share

関連資料

江戸日本橋辺大火(仮) ∽043

Ono Hideo Collection | Graduate School of Interdisciplinary Information Studies

江戸焼場方角付 ∽059

Ono Hideo Collection | Graduate School of Interdisciplinary Information Studies

焼場方角付∽058

Ono Hideo Collection | Graduate School of Interdisciplinary Information Studies

江戸小網町辺大火(仮)∽044

Ono Hideo Collection | Graduate School of Interdisciplinary Information Studies

焼場方角細見記∽076

Ono Hideo Collection | Graduate School of Interdisciplinary Information Studies