るいせう道しるべ 上∽001

種別
新聞
刊行年、書写年等
1811
内容記述

記述レベル: アイテム

資料ID: 001

枚数: 1

来歴-所有者: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴: 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降
図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

形態・形式情報-表現形式・スタイル: 03報道・ニュース

言語: ja

内容記述: @● 御上屋敷/▲ 御中屋敷/■ 御下屋敷/@るいせう道しるべ 上/頃ハ文化八未のとし二月十一日昼七ツ時一ケ谷/谷町より出火しておりふし西北風はけし/く念仏坂より二タ口になり此へんの御組屋/しき残らずかつぱ坂安龍寺京恩寺此辺/一面になり西と北との大風三方へふきちらし/それより尾張様御長屋すミ少しむかふハ/●松平摂津守様御屋しき残らず法弘寺より/四谷おたんす町坂町しほ町竹丁通ハ麹/まち十一丁目十二丁目十三丁目伝馬丁四丁目/角まで若まつ町おし丁おし原横町此辺/御組屋しき石きり横町てん王横丁くわん/おん坂蓮浄院真浄院安らく寺西念寺四/谷御門外■尾張様是より北風はげしく/石をとばすことく御堀はた通酒井様●松平/佐渡守様大久保豊前守様村松様此へん御/旗本様方あまたさめかはし坂迄残らすや/ける紀州様御屋しきへ出このときゑんゑん/として四角八めんにさんらんす巳にきのくに/坂下ふるや町ゆや町それよりあか坂御門/外よりそのつきにくわしきをしるす/おなしく 中/それより表うら伝馬町残らず御火消屋/しき○竹腰山城守様△松平出羽守様○井上/佐太夫様此へん御旗本様御屋しきあまた/黒鍬谷此へん御組屋敷残らず浄土寺浄げ/ん寺△松平安芸守様それより西風つよく/して火ハ下へ出るまた一ト口ハ田町一丁目より五/丁目までうらおもて不残○三浦長門守様一ツ/木町しんまち仲の町此へん御旗本様かた/御屋しきあまた△黒田びぜんの守様△相良/壱岐守様○水野日向守様なつめ様また谷町/ハ町家残らず相馬様御中屋敷御長屋ばかり/すこし此あたり御組屋しきよりなたれ坂へ出る○真田様○松平日向守様○岡部様/○土岐ちから様○山口周防守様○松平大和守様御/うしろ長屋不残御火けし屋敷ようせんじ/てうせんじ○井上様○石川若狭守様○牧野/半右衛門様○本多兵庫様本多越中守様御上/屋しき○酒井出雲守様○稲垣摂津守様南/部内蔵上様御上屋しき此へん御旗本様かた/あまた市兵へ町不残仲の町御旗本様方あまた/そのおハり 下/扨また江戸見坂○土岐美濃守様城山御旗本/御屋敷あまた西ノ久保吹出町入門前てん徳/じ神谷町残らず○仙石越ぜんの守様○木下様/それより広こうじ清光寺青龍寺両門前町/切通シ薬師同境内にてやけとまる上ハ○水の/左近将監様永井町金池院宇津様○馬場/大助様かハらけ町通り不残○青木甲斐守様/○瀧川様森もとへんすこし此とき風は/すこししづまりて赤ばねばしへ出るとき/よふよふ八方の火せいしづまりてしめりしら/するかねの音におや子兄弟くんしん夫婦/あいおふてよろこびのこへともろともに/明かたちかくなりにけり/右るいせうひもとよりけし口迄のミちのり凡/壱里半御大名様御屋敷凡三拾ケ所寺院町/家ハかぞふるにいとまあらず/此三まいずりをゑんきんにかきらずこけふに/親をもてる人ははやく書状にふうじこミ/そのつつがなきをしらさハ一家一もんの人々/あんしんせバげに孝行の一助ともならんか/

概要-名称: るいせう道しるべ 上

成立年代-元号: 文化

概要-出所: 旧小野秀雄邸

関係資料-所蔵機関: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

デジタルデータ関連-デジタル化の有無: デジタル化済

デジタルデータ関連-デジタルデータの収蔵場所: 東京大学大学院情報学環図書室

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

青山権田原辺火事(仮) ∽019

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

青山権田原辺火事(仮)∽020

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

江戸本郷辺大火(仮)∽024

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

焼場方角付∽075

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

江戸四谷辺大火(仮)∽041

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府