江戸四谷辺大火(仮)∽041

種別
新聞
刊行年、書写年等
1851
内容記述

記述レベル: アイテム

資料ID: 041

枚数: 1

来歴-所有者: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴: 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降
図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

形態・形式情報-表現形式・スタイル: 03報道・ニュース

言語: ja

内容記述: 頃は嘉永四亥四月三日昼九ツ時頃より四ツ谷塩丁/横町辺より出火いたし折節北風夥敷して/同ひしや横丁浄運寺横町しほ丁二丁目三丁目/南かハ不残やける大木戸田安侯御下屋敷太田様/残る内藤様御¥下敷([ママ])のこるそれより飛いたし内藤新宿/中町下丁同所八分通りやける尤上丁のこる一口は/忍町同おし¥■■([虫喰])横丁御旗元方此外御武家方/あまたやける岸豊次郎様火中ニてのこる南寺/町此辺寺々焼る法忍寺残る此辺諸御武家御家敷/あまたやける信濃殿丁岡部様御屋敷ニて火とまる/向側御屋敷やける右馬殿横丁諸御大名御下/屋敷同所つづき長安寺門前丁屋やける大番/御組屋敷同大番町御旗本御武家方此辺横たて/町つづき不残やける此外諸御組屋敷御直参之/御組衆御役宅あまたやける青山三筋丁御組屋敷ニて止る/又一方は伝馬町新三丁目船板よこ町同所平力/門横丁同弐丁めあらき横丁同壱丁目やける同所/新堀江町残る伊賀町少々やける向側天王よこ丁/天王社并ニ寺院此辺残る宝蔵寺横丁少々残る/是より西風はげ敷麹丁十三丁め同よこ/同十弐丁目横町四谷御たんす町少々やける/同所伝馬町一丁目新道横たて不残焼る/向がハ御医師御武家屋敷やける天徳寺門前丁/替地少々やける尾州様御下屋敷松平宮内様/残る四ツ谷御門外御堀端通り町家不残焼る麹丁ハ/十一町め俗ニ竹丁といふ四ツ谷坂町此辺残る/同処御ほり端通りしほ丁一丁目御医師千葉/先生残る此時漸々其夜五ツ時ニ火鎮り人々/あんどの思ひをなし火の用慎こそ肝要也/▲凡焼失之場所@横三町又ハ五丁余 ¥堅([ママ])御堀端より火先迄三十一丁余@/

概要-名称: 江戸四谷辺大火(仮)

成立年代-元号: 嘉永

関係資料-所蔵機関: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

デジタルデータ関連-デジタル化の有無: デジタル化済

デジタルデータ関連-デジタルデータの収蔵場所: 東京大学大学院情報学環図書室

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

青山大火場所付∽065

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

青山大火場所付∽064

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

江戸小網町辺大火(仮)∽044

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

方角場所付∽012

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

焼場方角付∽075

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府