東京日々新聞 七百八十一号

種別
新聞
刊行年、書写年等
1874
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-153

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 旅人、自分の便を返される。(読み下し文_括弧なし:純粋の江戸生と称す傲慢の/一癖ハ。一九ヶ著述の膝栗毛に/誰々も知る。弥治喜多八が孫にや/ありけん。狐を乗せた馬喰町に住る/某の二名。八王子辺に商用ありて/到るの途中。路傍の厠に入て用を/便し一人に言ふよう「コウ美味を/喰た糞を此麦飯糞の中へ打捨て/ゆくのハ可惜ものだナア」/といふ折節/芋畑に在し/農夫が二三人手に手に/鍬鎌糞斗。引提来りて/声高に「そんねヘに惜い糞/なら持て往つせヘ我等[合字]が雪隠へ/たれて置ことハならねへ」と糞斗を/差つけ責かけられ。詞を尽して謝れ/ども頑争聴ぬ百姓質気。勢ひ強きに/敵し難くしぶしぶながら我が/糞を芋の葉におし包。路傍に/捨んと思へども。夥多の農夫に護送され。八王子の/街に至る迄。臭気を堪へて持歩行しハ。笑ふに/絶たる新聞なり/転々堂鈍々戯記 )

作成(L6-027): 絵師:一惠斎芳幾,彫師:片田彫長

出版者(L6-074): 人形町具足屋

成立年代-元号(L6-021): 明治

成立年代-年(L6-022): 7

成立年代-月(L6-023): 9

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

元記事原文(CUSTOM_00023): ○又馬喰町の或る人商用に依りて友人と共に八王/子邊に行く途中ふと大便を催しける折から路傍に/野雪隠ありけれバ幸に入りて用を足し出がけ/に其友人に向て美味を食(くら)ッたる江戸ッ子の糞を田舍/の麥飯糞の中へ打遣(うちや)るのハ可惜(あたら)ものなりと云ひし/かバ折ふし芋畑の側に休み居たる農夫二三人是れ/を聞き付けて鍬鎌糞斗(こえのしやく)を提げ此商人の前に立塞(ふさ)が/り左程惜しき糞ならバ速に持ち歸るべし決して我/々が雪隠中に置く事を許すべからず縱令江戸子の/糞にても我々方にハ糞の用にも立(たゝ)ずイザ取り出し/持ち行き玉へと糞斗を差し付けて緊しく責めけれ/バ彼の商人ハ種々に詞を盡して過を謝すれども農/夫ハ更に聞き入れず人數も次第に集りて其勢ます/々々強きに恐れ彼の商人ハ止む事を得ず其糞斗を/かり我がせし糞を芋の葉に包みて持ち行きツゝ物/蔭に是レを捨んと思へとも彼の農夫等跡より付き/來りけれバ臭氣を忍びながら八王子の町まで持ち/行けりとぞ実に糞骨折りたる人といふべし之レを/■しめや々々汝に■たる物ハ汝に遷(かへ)る者也

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

東京日々新聞 七百十二号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 千四十五号 [二]

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 七百五十二号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

郵便報知新聞 第五百一号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百七十八号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府