東京日々新聞 五百十二号

種別
新聞
刊行年、書写年等
1874
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-138

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 沼野氏と娘倉子が兇賊相手に奮戦(読み下し文_括弧なし:元根岸村花園街ハ東叡山の/北崖にて後面ハ/松柏聳へ萋。風/音凄く寂莫て虎も栖べき薮垣を。破て入来る曲漢が/白刃の下に立父を貯ふて/重傷老の身を助くる/処女ハ未だ年紀も。/盛の色の二九の花/散を惜まぬ勇胆/に猛虎に比等兇賊も。/比勢に臆しけん。一物をも獲ず遁走れり。事/公にきこえしかバ褒金若干賜りて。其/名も。揚香ばしき/支那二十四孝にも/譲らぬ烈婦と賞されける/転々堂鈍々誌 )

作成(L6-027): 絵師:一恵斎芳幾,彫師:渡辺彫栄

出版者(L6-074): 人形町具足屋

成立年代-元号(L6-021): 明治

成立年代-年(L6-022): 7

成立年代-月(L6-023): 7

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

元記事原文(CUSTOM_00023): 府下東台下花園町拾番地主沼野直/七なる者宅へ本月三日夜抜刀の賊/兩名押入しに同人娘倉子白刃を/冒して父直七を擁護し疵二ヶ所を負/たり賊も彼(カレ)が膽にや臆しけん一物/をも擧ずして遁走せりと是賊を捕/へ得しにハあらずと雖女子にして/強盗白刃を懼れず父に難無からん/と欲す其孝心押て知るべきなり府/知事大久保君大に嘉賞し御褒賜且/治療金被下方の儀大蔵省へ伺相成/し由右倉子本年一八歳なりと

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

東京日々新聞 八百六十五号-b(摂州天王寺...)

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 三百二十二号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百八十三号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 七百八十一号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 八百七十三号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府