東京日々新聞 八百二十二号

種別
新聞
刊行年、書写年等
1874
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-155

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 夫婦共稼ぎの、男装女泥棒。(読み下し文_括弧なし:柳下恵は飴を見て嬰児を養ふに良といい。/盗跖は飴を以て鎖を開に宜と/云り。邪正に因て見所の/違ふ訓を甘んぜず。稠粘付/たる夫婦中倶に悪事を/引延す。夜盗は/昼を白玉飴売歩行/つつ深更ハ。丈夫に扮つ/女房が諸方の豪家へ忍/び入を。夫は例も児を抱き。/戸口を守/り竊たる/衣類調度/を/脊に負ふて。語ひながら帰れるハ/男女形装を異にして。戯場に脚色し/笠松峠鬼神お松に髣髴たる。夏目にあらで網の目を漏れぬ/天罰報ひ来て。野州橡木の/檻中につながれたるは/此頃なり/新聞局の雇人 鈍々述 )

作成(L6-027): 絵師:一惠斎芳幾,彫師:渡辺彫栄

出版者(L6-074): 辻文

成立年代-元号(L6-021): 明治

成立年代-年(L6-022): 7

成立年代-月(L6-023): 10

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

元記事原文(CUSTOM_00023): 野州栃木より歸りし人の話に即今同県の檻中に/女の強盗つながれ居れりとこの者元來飴うりにて/書ハその夫■と小児■伴なひ飴をうりあるき夜ハ/この女子男のなりになり人家に忍び入り財を奪ひ/しとかの夫■ハ却て兄を抱きていつも門口を守り/ぬすみ取りし衣類調度をせをひて歸る事なり頃日/栃木の町にて■の如くかの夫■ハ児を抱きて人の/門口にうろつき居たれバ終に巡査にあやしまれて/夫婦ともからめとられたるなりこの夫妻男女かた/ちを異にす劇場に希にこのしくみあるをきく奇賊/といふべし

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

東京日々新聞 九百八十八号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

大阪錦絵新話 第一号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

諸国日々新聞集 二百七十四号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 二百二十号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百三十三号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府