東京日々新聞 百十一号

種別
新聞
刊行年、書写年等
1874
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-130

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 関取火中に電柱(電信)を守る(読み下し文_括弧なし:東/海道/沼津宿/浅間社内に/興行せる相撲名/におふ東京の関取多/人数旅店に満ち初日/遅しと待暁仲の街より火/を失し数町の外に蔓炎す/此地元来海岸にて井水乏/しき故を以て消防十分ならざる/を多勢の力士等墳発して樽/と桶とを手送りに香貴の水/を運びて百方尽力する折しも掛け/わたしたる雷線の柱も須て/燃んとす時に臨んで/両大関名も火かゝりに因ある境川にハ/大纒等しく火中に飛入て家を/倒し柱を抜き猛火をしづめ/電機を救ひし鬼神を/欺く怪力ハ開化を助くる/力士等が/大功業と/いふべきのミ/転々堂主人記 )

作成(L6-027): 絵師:落合芳幾,彫師:渡辺彫栄

出版者(L6-074): 人形町具足屋

成立年代-元号(L6-021): 明治

成立年代-年(L6-022): 7

成立年代-月(L6-023): 7

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

元記事原文(CUSTOM_00023): 本月三日暁第三字頃駿州沼津駅仲/町福嶋屋と言る藍問屋より出火なし/方八九町戸数二百戸余類焼せり本日/風あらずと雖 も此辺の人民消防/精しからざる故延焼此に至ると此/時駅中浅間の社地に角力の興行あ/りしが旅泊の力士消防の助力致す/べくゆえ掛合たるに人足及び戸長伝/信機掛りよりも頼ミに付角力一同/境川大纏小柳等をはじめ鼓舞し/て本陣の門の柱を引抜或ひハ大丸/太を以て扉を崩し其働き恰も鬼/神のごとく大関斯の如くなれバ其/以下争奮ざらん四斗樽を以て川水/を汲ミ各是を手送りにす原来此地/ハ水ニ不弁の所と雖も今力士等ゲ勉/励にて猛火忽ち鎮まりけれバ土人/力士を敬する事大方ならずと駿東/より来たりし人の話なり

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

東京日々新聞 八百五十六号-b(近来詐偽の...)

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

近世人物誌 やまと新聞付録 第五

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 千五十号 [四]

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百七十五号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

近世人物誌 やまと新聞付録 第十七

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

郵便報知新聞 第五百八号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府