直接製鐵法研究経過要領

言語
日本語
種別
図書
編著者
日本製鐵株式會社八幡製鐵所研究所技師大原久之
刊行年、書写年等
[1936.10.31]
刊行年月日(西暦)
1936
形態
28×20
内容記述

コレクション名2/Collection2: 39_日本製鉄株式会社事業計画書  昭和十一年度

請求記号/Call No.: 野本資料:簿冊39:30

資料区分/Document Categoly: 企業資料;Enterprises

公開方法/Media Type: オンライン;Online

データ形式/Format: pdf

シェアする

関連資料

吾國に於ける廻轉爐製銑試験に就て

日本製鐵株式會社八幡製鐵所研究所技師大原久之
日本製鉄関係資料(地域企業・産業資料DB) | 経済学研究科・経済学部

製鐵原料トシテノ砂鐵貧鐵鐄ノ利用硫化滓、紫鐄其他

[日本製鉄株式会社八幡製鉄所銑鉄部長鵜瀞新五]
日本製鉄関係資料(地域企業・産業資料DB) | 経済学研究科・経済学部

セメント遊休設備の製鐵轉用に就て

日本製鐵株式會社技術部長井村竹市
日本製鉄関係資料(地域企業・産業資料DB) | 経済学研究科・経済学部

クルップ直接製鉄法ノ批判

日本製鉄関係資料(地域企業・産業資料DB) | 経済学研究科・経済学部

クルップ、レン法ノ實施案ニ就テ

株式會社昭和製鋼所
日本製鉄関係資料(地域企業・産業資料DB) | 経済学研究科・経済学部

クルップ直接製鉄法概畧ノ説明

日本製鉄関係資料(地域企業・産業資料DB) | 経済学研究科・経済学部