両撥土板犂

リョウハツドバンスキ

Ryohatsudobansuki

Altenative title
りょうはつどばんすき
Double mouldboard plough(米語では Double moldboard plow)
Type
MuseumMaterial
Issued
1882(明治15)年頃
Description

掲載ページ:駒場農学校コレクション

分類①:耕耘・整地

分類②:作条機類

分類③:作条機(作畦機)

製作地等:イギリスまたは国産

製作者等:-

解説:耕耘(こううん)(鋤起こし(すきおこし))と整地(均平)作業に用いた畜力用農具。犂刀(りとう)本体(犂体(りたい)という)が、左右2個の撥土板(はつどばん)を組み合わせてできている。前の鋤溝(すきみぞ)から一定間隔離したところに次の鋤溝を作るように作業することで、畦(うね)を作ったり鋤溝に施肥をしてから圃場(ほじょう)(畑)を均平にしたりする。現在の畦立て機の前身で、みぞさらい機や培土プラウとも呼ばれる。

焼印・備品票等:東京大学農学部工学

参考文献等:「泰西農具及び獣医治療器械説明書」掲載の農具

Collection

share

関連資料

米國犂

Digital Collection of the Farm Museum, the University of Tokyo | Graduate School of Agricultural and Life Sciences / Faculty of Agriculture

米國犂

Digital Collection of the Farm Museum, the University of Tokyo | Graduate School of Agricultural and Life Sciences / Faculty of Agriculture

撥土板プラウ

Digital Collection of the Farm Museum, the University of Tokyo | Graduate School of Agricultural and Life Sciences / Faculty of Agriculture

カルチベータ

Digital Collection of the Farm Museum, the University of Tokyo | Graduate School of Agricultural and Life Sciences / Faculty of Agriculture

(人力)カルチベータ

Digital Collection of the Farm Museum, the University of Tokyo | Graduate School of Agricultural and Life Sciences / Faculty of Agriculture