大阪錦絵新聞 第三十七号

種別
新聞
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-011

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 浅井柳塘の弟子が、師匠の妻と母を殺し金を奪う。(読み下し文_括弧なし:去る年西京に。たぐひ稀なる悪人と。噂の高き/一件。下京第二十二区。八阪庚申堂の/東にて。浅井柳塘といふ画師十一月より/他国へ出仕業に。行し跡にハ母と子と。/妻と雇人に留主居させ。歳の暮にも/なりしかバ。入費あらんと出先なる伊予の/国より儲け金。届けしを見てやとい/人の信一がフト悪心の刃にかかるあハれ/さよ。老母の咽喉を刺しぬいて。内室ハ/袈娑切りをさな子ハ。柱に縛り手足を切り。また/其上に金子をとり。主人の家に火を附て。逐電な/せしハ十二月。二十日の夜るの道も法も。/わきまへなきとてあまりある。天罰いかで/のがるべく。美濃の国にてめしとられ。死罪に/なりし信一ハ。生国飛騨の高山なりしとぞ/笹木芳瀧記/并ニ画 )

作成(L6-027): 絵師:笹木芳瀧 /彫師:彫九市

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

東京日々新聞 四百九十一号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

新聞図会 第九号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

大阪錦絵新聞 第四十六号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 八百三十八号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

郵便報知新聞 第五百八十九号-a(本郷春木町...)

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府