郵便報知新聞 第五百八十九号-a(本郷春木町...)

種別
新聞
刊行年、書写年等
1875
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-271

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 本郷の喜三郎が元妻しんを殺害(読み下し文_括弧なし:本郷春木町なる経師屋安次郎ハ養女しんに/同職喜三郎といへる者を聟にとり老行末を/楽ミしが此喜三郎ハ生得慳貪にして常に舅/姑の意に忤ひ妻しんとも朝夕喧嘩のミし/けれバ拠なく十円の手切金を遺し荷/物残らず引わたして其家を出せしに喜三良/ハ未煉にもしん女に執心をのこし二月十二日の/夜其家の寝静を窺ひ忍び入て用意の/九寸五分を以て仰向に臥たるしんが口中/より領へグサと刺透せしかバ阿と下声/叫びもあへず其侭息ハ絶たるが此物音/に目醒る老父跳起さまに曲者と引組で/押伏せたる間に妻も声揚呼ハりしかバ/巡査も速に駈来り早くも縄をうけたり/ける/真恵郎浜栗記 )

作成(L6-027): 絵師:大蘇芳年/彫師:彫ヨタ

出版者(L6-074): やまと新聞社

成立年代-元号(L6-021): 明治

成立年代-年(L6-022): 8

成立年代-月(L6-023): 4

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

元記事原文(CUSTOM_00023): 〇本郷春木町三丁目經師職安次郎の養子喜三郎ハ同職を学ひて安次郎か養女しんを妻にせし 此喜三郎ハならす者にて養父母と中悪く女房とも朝夕喧嘩のミして暮せしかば■も行末覺束なしと終に離縁と事極て本月一日十円金を手切とし喜三郎の荷物を残らす返し輿へしかハ喜三郎ハわか假に里とせし高橋寅藏の方にいしたりしか本国ハ常陸の眞壁なれハともかくも故郷に返らんと佯りて寅藏に暇を告しか内心離縁と成しを深く遺憾に思ひ去る十二月の夜三時頃安次郎か家に忍ひ入り無残にも志んか旨く寐入たるをしも立てす短刀をもて口よりグッと刺込しかハ何かハ以てたまるべき一声阿ッと叫て息絶たり安次郎は驚きはね起き喜三郎と見て大に怒り矢庭に飛降りて組伏せたり妻も之をみて人殺々々と叫ひしかハ巡査ハ早くも馳付て乍ち之を捕縛せしとそ

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

東京日々新聞 九百三十三号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百八十四号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百三十八号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百七十五号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百六十七号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 千四十五号 [二]

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府