江戸浅草辺大火(仮)∽045

種別
新聞
刊行年、書写年等
1855
内容記述

記述レベル: アイテム

資料ID: 045

枚数: 1

来歴-所有者: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴: 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降
図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

形態・形式情報-表現形式・スタイル: 03報道・ニュース

言語: ja

内容記述: 頃ハ慶応元年十二月十二日/夜四ツ時浅草田原丁一丁目/辺より出火して折しも西北風/はげしく同所二丁目三丁目/門前丁ミしまやしき/本願寺残る/掘田サマ/大岡兵/庫サマ/加藤サマ/少ゝのこる/はたご丁/代地天王丁/上町代地/とりこへ代地/ふくとミ丁三間/丁西東仲丁/広小じ茶や丁/並木丁駒かた材/木丁すハ丁くろ舟/丁かや寺角少ゝ残る/三よし丁御馬やかし/にてとまる又一口ハせい/くわんじ門前しや骨湯浅草寺地中/らいしん門やける/寺ゝあまた中/ミせハ両かハのこ/らずやける仁王/門くわんおん御堂/てんぼういん共/のこるそばや角/のこるゑぞうしや/のかハ別条なし/南馬ミちかたかハ/少ゝやける花川/戸少ゝのこる山の宿/丁ハ別条なしあづま/ばし少ゝやける渡りに/さわりなし扨本所ハ/北わり下水石原しん/まちへとび火して御/くミやしき中の郷代地よし/田丁一丁目吉岡丁二丁目西尾サマ小/笠原サマ¥■([篠カ])本サマ三笠丁一丁目少ゝ/残る二丁目長岡丁同二丁目長崎丁小やしき/あまたやける入江丁/半やけ岡のサマにて/止ル四ツ目うら丁少ゝ/是にて翌十三日九ツ/時やうやう火慎り/諸人あんどの/思ひなす/

概要-名称: 江戸浅草辺大火(仮)

成立年代-元号: 安政

関係資料-所蔵機関: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

デジタルデータ関連-デジタル化の有無: デジタル化済

デジタルデータ関連-デジタルデータの収蔵場所: 東京大学大学院情報学環図書室

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

江戸小網町辺大火(仮)∽044

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

江戸日本橋辺大火(仮) ∽043

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

江戸四谷辺大火(仮)∽041

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

明治二年東京大火(仮)∽080

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

焼場方角一覧∽057

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府