トビニタイ土器

別資料名
Tobinitai pottery
種別
静止画資料
形態
法量 (cm):高16
Size (cm):H. 16
内容記述

掲載No.:48

出土遺跡:ウトロ滝ノ上遺跡2号竪穴床面

時代:トビニタイ文化(前半期)

年代:紀元10-11世紀

所蔵:常呂実習施設

報告書:『オホーツク海沿岸・知床半島の遺跡 下巻』Fig.94-3

解説:トビニタイ文化前半期の土器である。胴部にみられる刻文がやや特異であるが、他の点は同時期のトビニタイ土器と同様に、オホーツク貼付文系土器の要素(製作技法や文様)と擦文土器の要素(器形)を併せ持っている。

No.:48

Site:Utoro Takinoue site: on the floor of Pit House 2

Period:The first half of Tobinitai culture

Date:10-11th century

Possessor:Tokoro Research Laboratory

Comment:A pottery from the first half of the Tobinitai culture. The notches on the body are rather unique, but other elements are similar to usual Tobinitai pottery, which combines elements of Okhotsk Haritsuke-mon series pottery (clay and surface finishing) and those of Satsumon pottery (forming).

コレクション名

シェアする

関連資料

トビニタイ土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

オホーツク土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

オホーツク土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

オホーツク土器(鼻の意匠)

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

オホーツク土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部