擦文高坏形土器

別資料名
Satsumon pedestalled dish
種別
静止画資料
形態
法量 (cm):高11.1
Size (cm):H. 11.1
内容記述

掲載No.:55

出土遺跡:トコロチャシ南尾根遺跡(史跡常呂遺跡)10号竪穴覆土

時代:擦文時代(後期〜晩期)

年代:紀元11-13世紀

所蔵:常呂実習施設

報告書:『トコロチャシ南尾根遺跡』Fig.41

解説:藤本編年gないしhに位置づけられる高坏形の土器である。No.54の例よりも脚部がやや長いが、ほぼ同時期のものとみられる。体部の全体には綾杉状の沈線文が施されている。

No.:55

Site:Tokoro-chashi Minamione site: from the fill of Pit House 10

Period:Late to Final Satsumon

Date:11-13th century

Possessor:Tokoro Research Laboratory

Comment:Satsumon pedestalled dish that could be placed in the “g” or “e” categories of Fujimoto’s chronology (1972). The leg is longer than the example in No. 54, but it is a dish from the same period. The body is covered with herring-bone shaped incised lines.

コレクション名

シェアする

関連資料

擦文高坏形土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

エリモB式注口土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

𩸽澗式土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

オホーツク土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

銛頭

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部