火之用心・大阪今昔三度の大火 ∽073

種別
新聞
刊行年、書写年等
1863
内容記述

記述レベル: アイテム

資料ID: 073

枚数: 1

来歴-所有者: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴: 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降
図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

形態・形式情報-表現形式・スタイル: 03報道・ニュース

言語: ja

内容記述: 大阪今昔(むかしよりいままで)三度の大火/心得之為/世に火ハおそろしきものとハ/しりなから足にてふみけす人/多し大に心得ちかいなり/火ハ陽にして木火土金水の/司なり火は実ニ有用の随一/にして勿体なきものなり/たゞ大切にして火ニ礼をいふ/心得にて始末をすれバかゝる/火災をまぬがるべし/よくよく人々の心を合せて/火を用ひ為ふべし火災ハ/ただ火を廉末にするもの/を天よりいましめ為ふなり/よくよく心得為ふべし/むかしより今年ニいたる迄/かゝる大火ハ三ケ度也ゆへに/今三ツを図して出すものなり/文久三癸亥年十一月二十一日夜五ツ時新町橋東詰北ニ入所より/出火いたし候所西風はげしく/して東へ一時に焼行夫より北西風ニ/なり巽へうつる又西南ニ風かわり/丑寅へやけゆく事はげしく夫より/上町へ飛火■て火勢ますますはげしく/せんば上町とも一事ニもへあがり誠に/大坂中火となるやう相見へ候まことに/老若男女のおどろき筆紙につくし/がたし終にハ大坂東のはしまて焼失仕候/見る人大坂市中のそうどふさつし為ふべし/同月二十三日昼四ツ時ニ火鎮り申候/町数 百五十二丁/家数 四千七百余/竈数 二万五千余/土蔵 三百二十余/神仏八十余 死人四十六人/ けが人数しれず/往古より大坂ニてハかゝる大火めづ/らしき事也依て後世咄しの種且ハ/火の元心得のためにもならんやと/一紙に図して諸人の見覧ニそなへ/たてまつる/天保八酉二月十九日朝五ツ時/天満より出火風はげしくして/所ゝへ飛火いたし上町御城辺まて/焼失北せんば長者町大家/処ゝ焼失夫より南え本町まで/やけ然るに火事場にて何物とも/しれず御やしき風俗ニて大坂市中/あれ廻り人ゝの昆雑いわんかたなき/次第■■ゆへ諸国在々へ逃候もの/実に蜘の子をちらすがごとく/にて日本国中ニ其節ハ此大火の/噂サはかりなり/実ニ希代の大火大そうどふ也/町数 百十二丁/家数 三千三百八十九軒/かまど 一万八千五百七十八軒/土蔵 四百十一ケ所/穴蔵 百三十ケ所/寺社 三十六ケ所/死人怪我人数しらず/享保九年辰三月二十一日之ひる/九ツ半時南堀江橋通り弐丁目/金屋妙智といふ人の宅より出火いたし/南風はげしく新町へやけ出終に北野迄/焼抜西ハあミた池迄東ハ木綿はし辺/にて火鎮り西横堀北へ焼新博労町/北がハへ火移り夫より北ハ船場のこらず/焼失又天満へ飛火川崎迄中島/堂島西天満東天満のこらず焼失/二十二日朝北東風ニなり上町へ飛火致/追ゝ北風はげしく上町一面ニ成それより/高津へ移り島内一円それより道頓ほり/芝居へ飛火いたし火先いくつニも相なり/難波新地長町不残焼失す/其節大坂四百八十余町之内四百三十町余/実ニ大坂初マツテの大火ニて親子兄弟/はなれはなれとなり五畿内ハ勿論丹波/丹後伊賀伊勢江州播磨淡州等へ/にけ誠ニ其なんぎいわんかたなし/家数 弐万八千余/かまと 九万八千七百余/土蔵 弐千八百余/死人 凡三万余人/けが人 十二万余/

概要-名称: 火之用心・大阪今昔三度の大火

成立年代-元号: 文久

関係資料-所蔵機関: 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

デジタルデータ関連-デジタル化の有無: デジタル化済

デジタルデータ関連-デジタルデータの収蔵場所: 東京大学大学院情報学環図書室

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

大阪大火本しらべ∽071

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

大阪大火 ∽051

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

地震出火細見記 ∽124

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

青山大火場所付∽065

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

青山大火場所付∽064

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府