東京日々新聞 九百十九号-a(上総国...)

種別
新聞
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-181

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 上総(かずさ)国市原郡新生村の佐久間(さくま)
十郎左エ門ハ其辺(そのへん)にてハ一と云(い)
ふて二とハ下(くだ)らぬ富家(ふか)なりその本
家(け)の佐久間忠七を押(お)し倒(たほ)して其財産(ざいさん)を
押領(おうりよう)せんと兼(かね)て折(おり)を伺(うか)かひ待(まち)しに忠七ハ淫欲(いんよく)
ふかき男なれバ十郎左エ門が妹(いもと)と奸通(かんつう)したり
けるを其妻(つま)それを聞(きき)つけて怒(いか)りに堪(た)へず抜刃(ぬきミ)を提(ひつ)さげて十郎左エ門が
宅(たく)に来りその妹に切て掛(かか)り数(す)ヶ所(しよ)の疵(きず)を負(お)ハせけるが幸(さひわ)ひ
に浅傷(あさで)なれバ命(いのち)ハ多分(たぶん)助(たす)かるべし扨(さて)も彼(か)の十郎左エ門ハ暗(あん)に是(これ)
を喜(よろこ)び忽(たちま)ち一計(けい)を案(あん)じ此度(ど)の始末(しまつ)を県官(けんかん)に報知(ほうち)せしかバ忠七外
両人とも忽ち捕縛(ほばく)に就(つき)たりしに付一笑(いつせう)談(だん)あり此辺(へん)貧窮(ひんきう)なる
者のミなれバ年々貢租(こうそ)の金に差支(さしつか)ゆるより遂(つひ)に十郎左エ門が
喰(く)ひ物と成り生活(せいくわつ)行(ゆき)立がたきを以(もつ)て村民(そんみん)ども日々に彼地(あち)此
地に集議(しうぎ)して訴状(そじよう)を作(つく)り十郎左エ門が暴行(ぼうこう)奸計(かんけい)を数(かぞ)へて
県庁(けんちよう)に告控せんとするの様子(やうす)を聞知(ききし)りて十郎左エ門
大いに驚(おどろ)き早くその手廻(まハし)をすべしと
思ひ走(はし)りて県(けん)治に至(いた)り只(ただ)何(なに)となく頻(しきり)
に御事宜(じき)をして歩行(あるき)けれバ県吏(けんり)ハ
彼(かれ)が同姓(せい)の者此節(せつ)まさに獄(ごく)に下(くだ)らんとする
の趣(おもむき)なれバ必らず其(その)罪(つミ)を贖(あがな)ハんとの意(い)なる
べしと誤認(ごしん)して遂(つい)に是(これ)が為(ため)に忠七等(ら)三
人を赦(ゆる)したり十郎左エ門案(あん)に相違(そうい)し益々(ますます)
憂悶(ゆうもん)したれども今さら詮方(せんかた)無(な)かりしとぞ

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

近世人物誌 やまと新聞付録 第十三

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 八百五十六号-b(近来詐偽の...)

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百六十七号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百十一号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百八十四号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府