近世人物誌 やまと新聞付録 第七

種別
新聞
刊行年、書写年等
1887
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-065

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 横綱梅ヶ谷藤太郎の話(読み下し文_括弧なし:力士梅ヶ谷藤太郎/梅が谷ハ筑前福岡在の出生なり幼に/して父を亡ひ家貧しケれバ薪木を負/て市に出辛く母を養ひ居たりしが人の/進めに由り大阪に出て角觝となりしに/幾程もなく大関となり梅が谷の名ハ関/の東西に聞へて囂々たり或時古郷の/母を大阪へ迎へんとせしかど母ハ住/馴し地を離るるを好まねバ田畑数/丁を求めて母が隠居の料とせり其/後深く前途に感かる所ありて江戸に出/当時相撲道の行はるる杓子定規の圧/制を忍んで固守し昨日ハ難波の大関と/称せられし身も今日ハ江都の幕下とな/りしが尚倦色もなく勉励し忽ち大関の要/地に昇り向ふに敵なく古の谷風中古の陳/幕と伯仲の間にありとの評あり遂に去る/十七年の春横綱免許の栄を得たりしが/恰も好其年賢き辺りの御覧を忝なふし/御前に於て一人り土俵入をなし関脇を太刀持/に小結を露払ひとせしハ遠く其例を聞ず/此天覧相撲にも勝を得て其日の大関に協/ふとて弓を賜はりき程なく辞して年寄と/なり同社会にてハ殊に重んずべき雷/権太夫の名を相続し東の幕の内ハ過半/氏が門人たり凡そ此道開けて以来氏の如き/始終芽出度人を見ざりき )

作成(L6-027): 絵師:芳年/彫師:彫工円活

出版者(L6-074): やまと新聞社

成立年代-元号(L6-021): 明治

成立年代-年(L6-022): 20

成立年代-月(L6-023): 4

成立年代-日(L6-024): 30

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

郵便報知新聞 第五百八号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

近世人物誌 やまと新聞付録 第十七

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

郵便報知新聞 第五百五十一号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 千四十五号 [二]

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 百八十五号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府