Goethe's sämmtliche Werke : in fünfundvierzig Bänden / [Johann Wolfgang von Goethe].

種別
図書
内容記述

書誌情報:Leipzig : Philipp Reclam jun., [1---]. 8 v. ; 17 cm. -- 1.Bd.-4.Bd. - 37.Bd.-40.Bd.

請求記号:鴎A100:1581

画像:書入頁

内容記述:ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ『ゲーテ著作集』(レクラム版)。 鴎外は、ゲーテをドイツの文化を代表する詩人として重要視し、深い関心を持っていた。しばしばシラー(J.C.F.v.Schiller)と並べて言及されており、『今の諸家の小説論を読みて』では、「理想主義」のシラーに「現実主義に依ること多き」詩人として対置している。 『独逸日記』明治18年8月13日の条に「ギヨオテGoetheの全集は広壮にて偉大なり。」とあるが、本全集にはドイツ留学最初期の読書作品が含まれている。書入れから、ライプチヒ時代の『エグモント』(Egmond)、ベルリン時代の『親和力』(Die Wahlverwandtschaften)、『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』(Wilhelm Meisters Wanderjahre)、『わが生涯より 詩と真実』(Aus meinem Leben:Dichtung und Wahrheit)、『イタリア紀行』(Italienische Reise)などの読書時期が確定されている。 『フアウスト』の翻訳原本ではないが、『ファウスト』部分への書入れがとりわけ多く、小堀桂一郎による調査もある。また、本書の『鉄手のゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』(Götz von Berlichingen mit der eisernen Hand)が、『ギヨツツ』第三幕までの翻訳原本と推定される。(山)

関連作品: 『ギヨツツ』(全集11巻)

関連作品: 『フアウスト』(全集12巻)

関連作品: 『今の諸家の小説論を読みて』(全集22巻)

参考文献: 寺内ちよ「ドイツ時代の鴎外の読書調査−資料研究−」(『比較文学研究』4巻1・2号,1957年6月)

参考文献: 小堀桂一郎『若き日の森鴎外』東京大学出版会,1969年

コレクション名

シェアする

関連資料

Schillers sämmtliche Werke in zwölf Bänden .

鴎外文庫書入本画像データベース | 総合図書館

Poetik : die Dichtkunst und ihre Technik, vom Standpunkte der Neuzeit / Rudolf von Gottschall.

鴎外文庫書入本画像データベース | 総合図書館

Neuer deutscher Novellenschatz / herausgegeben von Paul Heyse und Ludwig Laistner.

鴎外文庫書入本画像データベース | 総合図書館

Vom Kriege : hinterlassenes Werk des Generals Carl von Clausewitz .

鴎外文庫書入本画像データベース | 総合図書館

Ueber den Umgang mit Menschen / von Adolph Freiherrn [sic] Knigge.

鴎外文庫書入本画像データベース | 総合図書館