曲手刀子

別資料名
Small knife (Magarite-tosu)
種別
静止画資料
形態
法量 (cm):長15.2
Size (cm):L. 15.2
内容記述

掲載No.:46

出土遺跡:トコロチャシ跡遺跡(史跡常呂遺跡)1号竪穴表層

時代:オホーツク文化(後期)

年代:紀元8-9世紀

所蔵:常呂実習施設

報告書:『オホーツク海沿岸・知床半島の遺跡 下巻』Fig.40-3

解説:曲手刀子とは、茎の先端が下方に湾曲する特徴的な形状を呈する刀子で、靺鞨系の遺物と考えられている。道内ではオホーツク文化に特有の製品であり、鉄製の曲手刀子は出土例も多いが、青銅製のものは本例に限られる。

No.:46

Site:Tokoro-chashi site: from the top soil of Pit House 1

Period:Late stage of Okhotsk culture

Date:8-9th century

Possessor:Tokoro Research Laboratory

Comment:This magarite-tosu has the significant feature of a downward curving tang, and it is considered to be an artifact from the Mohe culture, and is an object unique to the Okhotsk culture. Although many iron products have been found in Hokkaido, this is the only example of one made of bronze.

コレクション名

シェアする

関連資料

帯飾

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

オホーツク土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

クマ骨偶

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

トビニタイ土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

クマ頭部彫像

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部