帯飾

別資料名
Belt ornament
種別
静止画資料
形態
法量 (cm):高4.8
Size (cm):H. 4.8
内容記述

掲載No.:45

出土遺跡:栄浦第二遺跡(史跡常呂遺跡)7号竪穴埋土

時代:オホーツク文化(後期)

年代:紀元8-9世紀

所蔵:常呂実習施設

報告書:『常呂』Fig.215-1

解説:大陸産の青銅製品である。オホーツク文化後期に、同時期のアムール川や松花江の流域に展開していた靺鞨系の文化から移入されたものとみられている。道内では本例を含めて7枚しか出土例がなく、希少な威信材と考えられている。

No.:45

Site:Sakaeura Ⅱ site: from the fill of Pit House 7

Period:Late stage of Okhotsk culture

Date:8-9th century

Possessor:Tokoro Research Laboratory

Comment:A bronze ornament that was brought over from the continental zone of North East Asia. It was introduced during the Late Okhotsk age, from the Mohe culture, which ranged around the Amur/Heilongjiang and the Songhua River basins. Only seven such ornaments have been found in Hokkaido, so they are considered objects of great prestige.

コレクション名

シェアする

関連資料

曲手刀子

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

オホーツク土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

オホーツク土器(鼻の意匠)

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

クマ頭部彫像

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

オホーツク土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部