鈴谷式土器

別資料名
Susuya type pottery
種別
静止画資料
形態
法量 (cm):高14
Size (cm):H. 14
内容記述

掲載No.:25

出土遺跡:旧・樺太多蘭泊(現・サハリン州ホルムスク都市管区プラウダ村カリーニナ)出土(寄贈資料)

時代:続縄文時代(後期)

年代:紀元3-4世紀

所蔵:常呂実習施設

報告書:熊木ほか2017:図2

解説:鈴谷式土器は、続縄文時代後期前後のサハリン中部から北海道北端部を中心に分布する土器である。櫛歯文土器と縄線文土器の二つのタイプがあり、これは後者に属する。戦前の旧樺太多蘭泊で出土したもので、個人からの寄贈資料である。

No.:25

Site:Doneted material: found in Kalinino (Tarandomari), Pravda village, Kholmsk district, Sakhalin

Period:Late Epi-Jomon

Date:3rd-4th century

Possessor:Tokoro Research Laboratory

Comment:Susuya type pottery spread from central Sakhalin to the northern end of Hokkaido around the Late Epi-Jomon period. There are two types, comb-marked pottery and cord-marked pottery, and this is an example of the latter type. It was excavated at Kalinino/Tarandomari on Sakhalin Island when it belonged to Japan. Donated by a private benefactor.

コレクション名

シェアする

関連資料

後北C1式土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

後北C2・D式土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

北筒式トコロ6類土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

羅臼式土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

宇津内Ⅱb式土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部