銛頭

別資料名
Harpoon heads
種別
静止画資料
形態
法量 (cm):(左端)長8.4〜(右端)長4
Size (cm):L. 8.4〜4
内容記述

掲載No.:60

出土遺跡:ライトコロ川口遺跡11号竪穴上層遺構

時代:アイヌ文化期

年代:紀元15世紀

所蔵:常呂実習施設

報告書:(左端より)『ライトコロ川口遺跡』Fig.32-8、同3、同15、同1、同6、同16

解説:鹿角製または鯨骨製で、アイヌ文化期の送り場遺構からまとまって出土した17点の銛頭の一部である。左3と左6は鉄鏃を装着するタイプで、左6は鏃が遺存している。15世紀頃に属する一括資料は道東部では希少であり、重要なものといえる。

No.:60

Site:Raitokoro Kawaguchi site: from the Midden in the fill of Pit House 11

Period:Ainu

Date:15th century

Possessor:Tokoro Research Laboratory

Comment:Made of deer antler or whale bone, these harpoon heads were used in the Ainu Sending-back ritual. The third and the sixth (from the left) are types attached to arrowheads, and the sixth still has the arrowhead in place. Such artifacts from the fifteenth century are very rare in eastern Hokkaido, so these samples are remarkable.

コレクション名

シェアする

関連資料

内耳土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

内耳土器

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

銛頭

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

骨斧

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部

弓弭形角製品

常呂川下流域の考古資料コレクション | 人文社会系研究科・文学部