各種新聞図解第六 遠近新聞 第二七号

種別
新聞
刊行年、書写年等
1874
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-045

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 常盤木(ときわぎ)の若葉(わかば)と散(ちら)す東台(とうたい)の嵐(あらし)に交(まじ)る。
弾丸(たま)の雨(あめ)。烈(はげ)しき崖(がけ)の木陰(こかげ)に寄(よ)り官軍(よせて)の
群(なか)へうち下す。十二斥(おおづつ)砲を曳(ひ)く車坂(くるまかざか)に。
防戦(ぼうせん)の術(じゆつ) 尽果(つきはて)て。討死(うちじに)したる丈夫(ますらを)ハ。本(ほん)
所(しよ) 辺(あたり)の旗本(はたもと)の。其(その)奥方(おくがた)の唯(ただ)一人(ひとり)。従者(とも)をも
供(つれ)ず焼失跡(やけあと)に。彼処(かしこ)よ這方(ここ)よと斃(たおれ)たる。
尸(かばね)を漸(やうや)く索得(たづねゑ)て。巡邏(じゆんら)の護兵(ごへい)が前(まへ)に
来(きた)り。此(こ)ハ吾(わが)妻(つま)にて侍(はんべ)るが。方向(ミち)を誤(あやま)ち脱(だつ)
走(そう)して。一昨日(おとつひ)討死(うちじに)したるなり。此(この)死骸(しがい)を玉(たま)
ハりて埋葬(ほうむり)たしと云(いい)ながら。我(わが) 着(ちやく)したる重衣(かさね)を
脱(ぬ)ぎ。夫(おつと)の死骸(しがい)の上にかけ。涙(なミだ)に咽(むせ)び歎(たん)ずるに
ぞ。官兵(くわんぺい) 大(おおい)に憐(あはれ)めども。官(おおやけ)の沙汰(さた)あらざる
うち。此(この) 尸(かばね)のミ私(わたくし)に引取(ひきとる)ことハ許(ゆる)し難(がた)し。他日(たじつ)の
所置(しよち)を俟(また)れなバ。是(これ)より報知(ほうち)すべしとて。
住所(ぢうしよ)を問(と)ひ。別(わか)れし後(のち)に下谷(したや)なる。広(くわう)
徳寺(とくじ)中(ぢう)に葬(ほうむり)しハ。貞烈(ていれつ) 全(まつた)き婦人(ふじん)と
いふべし。
東台戦死の篇者
転々堂鈍々記

成立年代-元号(L6-021): 明治

成立年代-年(L6-022): 7

成立年代-月(L6-023): 11

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

近世人物誌 やまと新聞付録 第十七

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

近世人物誌 やまと新聞付録 第八

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百十三号-b(疑ふ心ハ...)

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

近世人物誌 やまと新聞付録 第一

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百十九号-b(去年十二月...)

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府