法司將問過輕重罪囚如法監禁不許偏徇

別資料名
法司將問過輕重罪囚如法監禁不許偏徇
法司將問過輕重罪囚如法監禁不許偏徇/前件弘治五年九月二十六日傳奉事
法司將問過輕重罪囚如法監禁不許偏徇
法司將問過輕重罪囚如法監禁不許偏徇/前件弘治五年九月二十六日傳奉事
言語
中国語
種別
漢籍
刊行年、書写年等
弘治5.9.26
内容記述

冊:第10冊

巻:卷46

類:刑部類

目:囚應禁而不禁

条:第1條

画像(開始コマ):0046-00005

影印本:下-316上裏

標点本:乙5-828(46-1)

請求記号:A00:6290:10

コレクション名

  • 皇明條法事類纂デジタルアーカイブ

    明代中期の条例(皇帝の判断に基づく法令や先例)を事案ごとに分類してまとめた貴重な写本で、当館以外には所蔵が確認されていない天下の孤本です。
シェアする

関連資料

囚犯患病情罪重者不許保領在外司獄人等凌虐致罪許家屬告官治罪

皇明條法事類纂デジタルアーカイブ | 総合図書館

禁約問刑官吏司獄不得凌虐罪犯死於非命例

皇明條法事類纂デジタルアーカイブ | 総合図書館

在監囚犯患病撥醫調治

皇明條法事類纂デジタルアーカイブ | 総合図書館

法司將問過重囚事情可矜疑及輕囚中人命干連等項通行請旨裁決

皇明條法事類纂デジタルアーカイブ | 総合図書館

軍衞有司會官約問罪囚不許托故延調例

皇明條法事類纂デジタルアーカイブ | 総合図書館

不許告言革前及婦人不許一槪監禁

皇明條法事類纂デジタルアーカイブ | 総合図書館