聞書東海道南海道国々大地震大つなミ

別資料名
東海道南海道国々大地震大つなみ
種別
図書
刊行年、書写年等
嘉永7年11月
刊行年月日(西暦)
1854
形態
縦×横(cm): 36×48.5
内容記述

内容分類: 災害

資料分類: かわら版

印刷分類: 木版(墨一色)

資料番号: I-05-016

サブコレクション: 石本コレクションI

備考: 同資料:II-02-015

解説: このかわら版には大坂での被害状況が記されておらず、下段末に他の地域での被害については大坂と同様であると記されていることから、大坂で板行されたかわら版と考える。また、文末には早飛脚で伝わってきた内容であると記されており、地震と津波で被災した直後の大坂において、他の地域での被害に関する速報性の高い情報が求められていた様子が窺える。一方、表題には「国々」とあるものの、実際に記されているのは現在の三重県・和歌山県・兵庫県・大阪府堺市での被害状況のみであり、必ずしも被災地全域について記されているわけではない。その理由として、地震発生直後の時点では、地震と津波による被害のために東海道が寸断されており、被害情報の収集範囲が限られていた状況が挙げられる。なお、右欄外に「本しらべ」と記すことによって、記述内容の確証性を強調しており、他のかわら版との競争の中で出された商品としての意味合いも強いであろう。【西山昭仁】

コレクション名

  • 石本コレクション

    地震研究所第2代所長・石本巳四雄氏が収集した、災害に関するかわら版や錦絵などから成る資料群です。(旧サイト名「地震火災版画張交帖」)
シェアする

関連資料

諸国大地震大津波 三編

石本コレクション | 総合図書館

諸国大地震之図

石本コレクション | 総合図書館

諸国大阪大地震大津波細見一覧

石本コレクション | 総合図書館

摂津大津波次第

石本コレクション | 総合図書館

東北海岸の海嘯

発行人: 原田音十郎本郷区丸山新町34
石本コレクション | 総合図書館