東京日々新聞 千四十三号 [一]

種別
新聞
刊行年、書写年等
1875
内容記述

Level: アイテム

identifier: O-COL-SN-210

Type: 錦絵

Subject: 新聞錦絵

number of pages: 1

来歴-所有者(L6-001): 東京大学大学院情報学環図書室/附属社会情報研究資料センター

来歴-現物資料の来歴(L6-002): 1970年代後半小野秀雄邸より旧新聞研究所に移管。1980年代から2000年代にかけて情報学環本館7F展示室に保存されていたものを、2007年以降図書室/社会情報研究資料センター貴重資料保存スペースに移管。

言語(L6-077): ja

内容記述(L6-068): 爺の出来心、武士の妻に手を付けるが未遂。 (読み下し文_括弧なし:釣して網せず宿鳥を射ず。と/聖賢の書ハさて休て教も恥も/白臑に見惚て夜這ふ粂翁が。宿取/をしめる姦淫をしたや万年町に住む。/士族藤原直吉が還禄資金/を残なく遣ひはたせし暁に。妻の/おたきを娼妓となし出稼に/出す相談ととのひ内藤/新宿裏町なる木賃宿にて/名残をおしミ。酔て臥たる薄蒲団/おたきが寝像のわるければ 転り出して/広げたる。一間に臥し合宿の老恠ハ横浜/元浜町の山田文蔵なる者の。兄富五良/が五十余にて此為体に謀叛の気さし/そろりそろりと乗かけしを。おたきハ寝惚たるまゝに/夫とおもひて自由になり。アゝ嬉しやトいふ声に/愕然覚たる直吉が。此畜生めと引捉る騒ぎに/巡査も馳来りて。遂に分署へ拘引たる三人りは/ 恥を白川夜ふね。夢おどろかす仮寝ぞうた/てき。 転々堂藍泉記 )

作成(L6-027): 絵師:一恵斎芳幾/彫師:

出版者(L6-074): 錦昇堂

成立年代-元号(L6-021): 明治

成立年代-年(L6-022): 8

成立年代-月(L6-023): 8

デジタルデータ関連-デジタル化の有無(L6-046): デジタル化済

元記事原文(CUSTOM_00023): 下谷萬年町に住居せし藤原の直吉公ハもと何所(どこ)やらの/士族で家禄奉還金を以て商法を始め玉ひしが元より馴れ/ぬ商(あき)なひゆゑ設(もう)かりもせぬお金を芝居に寄(よ)せにと遣(つか)ひ果/して二分も残らぬ暁(あかつ)きに漸(やう)やくに目ハ覚めたれども最は/や跡へも先へも往き難き身の上となりて外に思案ハ泣く/泣くも女房おたきが人並に■(■■)れし姿色(きりょう)の玉を見にミに新/宿の貸屋敷へ稼(かせぎ)に出さんと相談のうへ新宿へ同伴して北/裏町の木貸宿越後屋と云ふ内へ宿(やど)りしが翌日(あす)ハ苦界に■/む身の今宵(こよひ)ばかりの添(そ)ひ臥(ふ)しぞと夫婦の恩愛すて難(がた)く越(こ)/しかた行末(ゆくすゑ)を語り続(つづ)けて深更に及びしかば疲(つか)れし■に枕/を並べて寝たりしが元より狭(せま)き木賃(きちん)の床に此ごろの夜の/生暑(なまあつ)さあを兼て寝像(ねぞう)も能(よく)ないおたき蒲団(ふとん)の外(そと)へ転(ころが)り出て白/き股を丸出しに前後も知らず眠(ねむ)りけるを一間(ひとま)に宿(やど)りし老/人が夜半のころに起(お)き出(いで)て小便(てつづ)に往しが何心なく直吉夫/婦が寝たる屋敷を通り掛り消(き)えいりたる行燈(あんとう)の影におた/きが股の白き■や黒き辺(あたり)をチラと見認(みと)め悪(わる)くも条の仙人/めき忽まち目も心も暗(く)らむばかりに煩悩(ぼんのう)を起し我しらづ/立よりておたきが両脚(あし)を押し開(ひろ)げ此老仁(おやぢ)が■に似(に)て太(ふと)き/古(ふる)道具を持出(もちだ)し会釈(えしゃく)も無(な)く去る所へ突き入れし似おたき/ハ寝惚(ねぼ)けたるまま亭主と心得て盡(つき)ぬ名残を繰(く)り返しつつ可(か)/愛(わい)と云ふ一声(ひとこゑ)が直吉の耳に入りコリヤおたき夢でも見た/か魘(うなさ)れたかおたきおたきと声掛(かけ)られ此時始めて心付き見れ/バ亭主ハ傍(そば)に在り吾身(わがみ)の上に乗(の)り掛(かか)りしハ見も知らぬ老(おや)/■(ぢ)なるにぞ吃驚(びっくり)して■(は)ね起(おき)るに亭主ハ素早(すばや)く飛び付(つき)て老/人が首筋を引捉(ひっつかま)へ斯(こう)の畜生の大い奴(やつ)をのれ何処(どこ)から来(き)わ/がッたサア一所に往あがれと屯所へ引(ひき)往(ゆ)かんと騒(さわ)ぎ立る/物音を聞付けて傍(あたり)に下宿せし巡査が駈け付け即時に拘引/して取り乱せしに夫婦同臥せし女房を姦淫せんとせし罪/状判然たれバ直と其■の文応へ送りしとぞ此老恠ハ横濱/元濱町の山田文蔵が兄富五郎とて五十二三の男なるよし/併しモウ一晩遅(おそ)かッたならバおたきさんの蒲団の中へ鈍(どん)な恠物(おばけ)がむぐり込(こん)でも亭主の直公ハ何(なん)とも申すべき■ハ/有りますまい此老仁(おやぢ)も老仁だが亭主も亭主なれバ女房も/女房で五座ります幾ら最負分で考がへて見ても余り文明/開化の大日本国人民の品行にハ驚ろきます

コレクション名

  • 小野秀雄コレクション

    東京大学新聞研究所初代所長で日本の新聞研究を牽引した小野秀雄(1863-1913)が収集したかわら版、錦絵、新聞錦絵のコレクション。地震や火事などの災害報道を中心に収集されている。
シェアする

関連資料

東京日々新聞 九百七十八号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 千四十五号 [二]

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 千十六号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 九百八十一号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府

東京日々新聞 千十五号

小野秀雄コレクション | 情報学環・学際情報学府