周防與田保文書

Language
Japanese
Type
JapaneseClassicalBook
Publication place
日本
Issued
建保5年-正安3年
Extent
巻子
1巻
Description

解題/Description:中世東大寺領をめぐる相論(訴訟)の関係文書を継ぎ紙に書写し、案文(控え)として成巻したもので、別に掲げる「美濃国茜部庄古文書」と併せ都合二巻が一函に収められている。法学部法制史講座の初代教授を務めた宮崎道三郎の旧蔵書で、各巻の端裏下部には「宮崎蔵書」朱印が捺されている。『御前落居記録』『御前落居奉書』などとともに、関東大震災で壊滅的な被害を蒙った法制史関係蔵書の再建のために寄贈された史料典籍群の一部である。周防国玖珂郡與田保(現在の山口県柳井市付近)は周防国衙領だが、鎌倉時代の周防国は東大寺造営料国とされたため、與田保は東大寺領として扱われた。本資料は、與田保公文職に関する建保5年(1217)から正安3年(1301)に至る17点の文書案文を書き継いだもので、鎌倉後期の相論に際して関係文書を写し整えたものと考えられる。本資料の原拠文書の所在は知られないが、かつて東大寺に伝存したものであろう。

なお、法制史資料室には、これら二巻の他にも、東大寺に由来する文書若干を蔵する。東大寺伝来文書には明治になって諸事情から寺外に流出したものが少なくなく、これらはその例に数えられる。

請求記号/Call No.:甲2-1176

資料区分/Document Categoly:古文書;Historical Documents

公開方法/Media Type:オンライン;Online

印記/Seal:「宮崎蔵書」

備考/Coments:東大寺三面僧坊料 周防國與田保公文職争論 鎌倉將軍家裁決

Collection

share

関連資料

美濃國茜部庄文書

日本
Collection of Legal History Section, Faculty of Law Library | Graduate Schools for Law and Politics / Faculty of Law

御前落居記録

日本
Collection of Legal History Section, Faculty of Law Library | Graduate Schools for Law and Politics / Faculty of Law

御前落居奉書

日本
Collection of Legal History Section, Faculty of Law Library | Graduate Schools for Law and Politics / Faculty of Law

抽齋歿後(チュウサイ ボツゴ) . [写本]

Image Database of Annotated Books in the Mori Ōgai Collection | General Library

甲州法度之次第

Collection of Legal History Section, Faculty of Law Library | Graduate Schools for Law and Politics / Faculty of Law